しぶかわはちまんぐう

 渋川八幡宮

[神社]

群馬県渋川市渋川甲1  

TEL:0279-24-0122

子宝に恵まれるとされる八幡宮

渋川八幡宮は社伝によると建長年間に、渋川義顕の創建によるもので、鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請したと伝えられています。 本殿は、江戸時代初期に、この地の豪族入沢氏が建立したもので、屋根は明治24年、萓葺屋根を瓦葺に改修しています。

御祭神は応神天皇、比売神、神功皇后であり、子宝においてのご利益があるとされており、本殿の拝殿唐破風下の彫刻を見上げると子宝においての彫刻が刻まれています。

本殿

自然が作り出した十二支石

境内には、自然の流れによって作り出された鳥海石の十二支石が祭られており、様々なご利益をもたらすとされています。

自然に出来上がったそれぞれの支石は、一つ一つの干支の特徴を捉えており、自然の偉大さを感じるものとなっています。

 

自然が作り出したイノシシ

本殿へ向う参道 絵馬やおみくじに想いをのせて 子授子宝の神が祭られています。 自然石でできた蛙『勝蛙』 手水舎で身を清め参拝へ

神社情報

基本情報
住所 〒377-0008
群馬県渋川市渋川甲1    地図
TEL
0279-24-0122
FAX -
営業時間 【参拝】日の出~日没
定休日 無休
URL -
E-mail -
グループ店 -
アクセス
最寄駅(徒歩圏内) -
駐車場 あり
設備
バリアフリー なし
その他設備 -
料金・支払
クレジットカード 使用不可
だんべー金券 使用不可 だんべー金券とは
その他
主な利用者層 10代以下~60代以上
備 考 -

施設案内

インフォメーション