るなぱあく

 るなぱあく

[遊園地]

群馬県前橋市大手町3-16-3  

TEL:027-231-6774

にっぽんいち なつかしい ゆうえんち

るなぱあくの正式名称は現在も「前橋市中央児童遊園」。遊園地の開園は、なんと今から約60年も前の昭和29年。近代詩人萩原朔太郎ゆかりの公園ということで、平成16年に市民公募にて「るなぱあく」という愛称がつけられた。朔太郎の詩集「遊園地にて」において、「遊園地」という言葉に"ルナパーク"とルビがふられていることに由来。もくば館に設置されている電動木馬は、国の登録有形文化財に登録されるほど貴重なもの。驚くことに、木馬は1回10円という破格料金で実際に乗ることもできる。開園以来、現役で稼働し続け、のべ五百万人以上の子供たちが木馬で遊んでいるのだとか。

もくば館の電動木馬

「昔の前橋」が残る、親子3代で遊ぶ遊園地

窪地にある遊園地の敷地は、前橋城の空堀の名残り。当時の地形が今も残る。空堀の跡に赤城牧場がつくられ、のちに前橋市が牧場を買収し公園として整備。その後、動物園を経て遊園地に。園内を良く見ると、赤城牧場趾の石碑や、臨江閣の石垣跡、昭和8年NHK前橋開局の時のラジオ塔などの貴重な文化財が当時のまま残っている。利用者は、むかし前橋で幼少期を過ごした方から、子育てをした方、そして今の子供たち。ここは、親子3代、4代に渡って親しまれる宝物的な遊園地のようだ。

飛行塔

チンドン倶楽部 日本庭園(臨江閣) 臨江閣 ウェーブスターライド 小型遊具

遊園地情報

基本情報
住所 〒371-0026
群馬県前橋市大手町3-16-3    地図
TEL
027-231-6774
FAX -
営業時間 【3-10月】9:30~17:00 【11-2月】10:00~16:00
定休日 火曜日 ※祝祭日は営業、翌日休
URL http://www.lunapark-maebashi.com/
E-mail -
グループ店 前橋公園
アクセス
最寄駅(徒歩圏内) -
駐車場 無料、西口20台、東口坂下40台、ほか前橋公園P225台利用可
設備
バリアフリー トイレ利用可、車いす利用可アトラクションあり(豆汽車など)
その他設備 売店(やきそば、フランクフルトなど)、移動ピザ販売、登利平のお弁当など(土日祝)
料金・支払
クレジットカード 使用不可
だんべー金券 使用不可 だんべー金券とは
その他
主な利用者層 10代以下~60代以上
備 考 0.88ha(東京ドーム0.2個)

施設案内

インフォメーション