ぶらっくぶらっく たかさき

 ブラックブラック高崎

[各種サロン]

群馬県高崎市飯塚町460-1  

TEL:027-384-8902

すでに多くの研究がなされていますが、今後もさらに研究を重ねる必要があると、非営利団体SUNARCのウィリアム・グラント博士は語ります。 「さまざまな局面で紫外線を浴びることが、人間の健康と病気...


更新日:2012/01/01

研究グループのヘレン・ショー博士によると、オーストラリアやイギリスの場合、日光浴とオフィス勤務者の皮膚ガンの発生率は、日光浴をする人に比べて、実に2倍近くにまではね上がるとか…&helli...


更新日:2011/12/30

1982年、英国の医学誌「ランセット」誌上でのこと。 発表したのは、イギリスのロンドン衛生熱帯医学校とオーストラリアのシドニー大学の研究グループです。 どんなタイプの人々により多く皮...


更新日:2011/12/29

太陽の匂いのする小麦色の肌……。私たちがそこに抱くイメージは‘健康的なセクシーさ’です。 では、なぜ日に焼けた肌は色っぽく感じられるのでしょ...


更新日:2011/12/28

紫外線はガンやシミ、シワの原因になるのでほんのちょっぴりでも浴びない方がいい…。日本人の多くがそう思い込んでいます。 確かに、過度の紫外線は健康に害を及ぼします。けれど、まったく...


更新日:2011/12/27

タンニング産業における教育プロジェクトにも、問題点があると非営利団体SUNARCのウィリアム・グラント博士は考えています。 「インドア・タンニングには、メリットとデメリットがあると思います。ま...


更新日:2011/12/26

間違った情報が蔓延し、多くの人が直射日光を避ける傾向にあることから、紫外線が健康に与える影響に関する教育プロジェクトでは、非営利団体SUNARCのウィリアム・グラント博士を非常に重要な人物として位置づけ...


更新日:2011/12/24

もし人々がもっと日光浴をすれば、アメリカにおける発ガン率を185,000件も低減することができ、しかも全乳ガンの発症率の4分の1は、日光浴不足に起因していると、非営利団体SUNARCのウィリアム・グラン...


更新日:2011/12/23

非営利団体SUNARCのウィリアム・グラント博士は、食生活とUVB、生活習慣病の発症リスクに関して、いくつかのめざましい研究成果をあげていることで有名です。 ウィリアム・グラント博士は2002...


更新日:2011/12/23

ドイツのホリック教授は、ビタミンDの欠乏症を、乳ガン、前立腺ガン、大腸ガン、卵巣ガンによって死亡するリスクの上昇と関連づけた。 それは皮膚ガンによるリスクよりもはるかに高いという。 ...


更新日:2011/12/21

■お知らせ履歴
2020
7月
 
6月
 
4月
 
3月
 
2月
 
1月
2019
12月
 
11月
 
10月
 
9月
 
8月
 
7月
 
6月
 
5月
 
4月
 
3月
 
2月
 
1月
2018
12月
 
11月
 
10月
 
9月
 
8月
 
7月
 
6月
 
5月
 
4月
 
3月
 
2月
 
1月
2017
12月
 
11月
 
10月
 
9月
 
8月
 
7月
 
6月
 
5月
 
4月
 
3月
 
2月
 
1月
2016
12月
 
11月
 
10月
 
9月
 
8月
 
7月
 
6月
 
5月
 
4月
 
3月
 
2月
 
1月
2015
12月
 
11月
 
10月
 
9月
 
8月
 
7月
 
6月
 
5月
 
4月
 
3月
 
2月
 
1月
2014
12月
 
11月
 
10月
 
9月
 
8月
 
7月
 
6月
 
5月
 
4月
 
3月
 
2月
 
1月
2013
12月
 
11月
 
10月
 
9月
 
8月
 
7月
 
6月
 
5月
 
4月
 
3月
 
2月
 
1月
2012
12月
 
11月
 
10月
 
9月
 
8月
 
7月
 
6月
 
5月
 
4月
 
3月
 
2月
 
1月
2011
12月
 
11月
 
10月
 
9月
 
8月
 
7月
 
6月
 
5月
 
4月
 
3月
 
2月
 
1月
2010
12月
 
11月
 
10月

お知らせ一覧に戻る

次へ >>